ウォーターサーバー比較ランキング【天然水の宅配、口コミ人気でおすすめは?】

天然水の宅配、口コミ人気でおすすめは?


cosmowater(コスモウォーター)公式サイト

 コスモウォーターのサーバーはボトル交換が足元の高さでできるので、女性や年配の方にも人気です。
エコモードで消費電力が61%カットできるのも嬉しいですね。


コスモウォーター/申込み・詳細はこちら
frecious(フレシャス)公式サイト

 フレシャスは水のボトルが7L・4.5Lと小さいサイズが用意されているので一人暮らしの方にもおすすめです。
サーバーのデザインもオシャレでお部屋のアクセントになりますよ。


フレシャス/申込み・詳細はこちら
【プレミアムウォーター】amadanaウォーターサーバー)公式サイト

プレミアムウォーターの天然水は安全性の高い美味しいお水です。徹底的な衛生管理がされているので安心して利用できますよ。
厚生省のお墨付きのお水は一度試してみる価値ありですよ。

【プレミアムウォーター】amadanaウォーターサーバー/申込み・詳細はこちら
アクアクララ公式サイト

 アクアクララは宅配水のシェアNo.1の多くの方に選ばれているウォーターサーバーです。
赤ちゃんのいるお母さんにおすすめなお得なプランもありますのでぜひチェックしてみてくださいね。


アクアクララ/申込み・詳細はこちら
MCMのめぐみ公式サイト

 MCMのめぐみの天然水はサプリメントのようにミネラル成分が豊富な事が特徴です。
食生活では摂取するのが難しい栄養素もお水で手軽にとる事ができるのは嬉しいですよね。


MCMのめぐみ/申込み・詳細はこちら

ウォーターサーバーの宅配業者は口コミも参考にして比較しよう!


水の宅配業者は多く、それぞれに独自のサービスやシステムを採る所があり、どこを選んで良いのか迷う事でしょう。

宅配可能な地域かどうかの確認はモチロン、費用やメンテナンス等、様々な面から会社選びを行いましょう。

宅配業者は試して実際の味や使い心地を確認してから選定する方が良いようです。

お試しキャンペーンを行う会社があれば、一度利用しておくと選択する基準が出来るのでお奨めです。

口コミも活用してみましょう。

口コミには味を始めとして、宅配業者の接客態度や対応能力などが分かり、水宅配業者選びの幅が広がります。

安心や健康の為に購入する水ですから、信頼できる会社を探しましょう。

また、水がどのような状態で自宅に届くのかも必ず前もってチェックします。

人気が高いのは、水の入った大きなガロンボトルを逆さに設置して冷水、温水が出るタイプのウォーターサーバーです。

そして、費用も大切なポイントです。

毎日飲む水ですから、月に換算すると結構な金額になり、毎月どれくらいの宅配を依頼するかによっても費用を安く抑えられます。

宅配サービスも、決められた量だとウォーターサーバーのレンタル料や送料無料になるなど、会社によってシステムが違い、しっかり比較して選ぶようにするのが良いでしょう。

水の宅配業者の比較をしたインターネットの情報サイトもあるので、参考にすると役立つでしょう。


ウォーターサーバー設置前に知っておきたい事

公共施設や病院などの待合所によく設置されているウォーターサーバー。

ボタンを押すだけで、いつでも美味しいお水を飲む事が出来て、本当に便利ですよね。

そんな、ウォーターサーバーを最近では、自宅に設置する人も多くなっています。

その理由には、何があるのでしょうか?

また、実際ウォーターサーバーを選ぶ際には、どのような点において注意が必要になってくるのでしょうか?

ウォーターサーバーを設置するメリット


・安全で美味しい水を毎日、飲む事ができる。

・毎回、ペットボトルの水を購入する手間がなくなり、重いペットボトルを購入する必要がなくなる。

・ベットボトルのゴミを減らす事が可能。

・冷水だけではなく温水も使用する事ができる為、いつでも、温かい飲み物を飲む事ができ、また、赤ちゃんのミルク作りにも最適。

・料理やご飯を炊く際に使用しても、美味しい料理を作る事ができる。など。

水の種類の違いについて


ウォーターサーバーに使用されている水の種類は大きく分けて、天然水、RO水、RO水+ミネラル水と3種類に分類する事ができます。また、軟水、硬水と言った分類もあります。


天然水とは

天然水は、地下からくみ上げた水、また、湧き水を採取し、その後、沈殿→ろ過→加熱殺菌の処理などを行い、安全に飲む事ができる水になったものを指します。
その為、ミネラル成分においては、純粋な物そのもので一切手を加えていない状態になります。
また、天然水の場合、味は採水地などによって異なってきます。
よく耳にする、○○産の天然水などといったフレーズは、その天然水が汲み取られた場所などになっています。
そんな、天然水のメリットと言うと、まず、第一に自然のミネラル成分を摂取する事ができると言うところ。
また、バナジウムやゲルマニウムなどの話題になっている成分も自然から摂取することが可能になっているところです。
味においても、採水場所によって違ってくるため、自分好みの味の天然水を見つけ出す事が出来ます。


RO水とは

RO水は、水道水や井戸水などを分子レベルまで徹底的にろ過して作る水の事で、純水と言われるほど、綺麗にろ過されている水になります。
その為、不純物やウイルス、雑菌など一切ない、とても衛生的な水という事が言え、その分、ミネラルも一切含まれていな水になります。
これらの事から、別名ピュアウォーターとも呼ばれています。


RO水+ミネラル水とは

RO水+ミネラル水は、その名の通り、綺麗にろ過されてRO水にミネラル成分などを人工的に加えてできた水になっています。
また、その際、味の変化も付け加えられている事があります。


軟水、硬水の違いとは

軟水、硬水の大きな違いは、ミネラル分が少ないのが軟水。ミネラル分が多いのが硬水という事になります。
その為、日本の水はミネラル分が少ない事から、軟水が多いのが特徴的で、ヨーロッパの水はミネラル分が豊富な為、硬水が多いと言われています。
また、そんな違いから、軟水を飲む事が多い日本人にとって、初めは硬水の水の味が馴染まなかったり、体に合わなかったりする人もいるようです。

どのお水を選べばいいの?


軟水や硬水など水の種類によって特徴が違ってくるため、飲む人にとっても自分に適した水の種類を選ぶ必要があります。


赤ちゃんに適したお水

赤ちゃんの場合、ミネラル成分の少ない水を選ぶと良いと言われています。
その理由としては、赤ちゃんは大人に比べ、まだまだ胃腸の働きが不十分です。
その為、ミネラル成分が多い水を摂取した場合、胃腸などの消化器官に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。
特に外国産のミネラルウォーターなどは注意が必要です。
出来る限り、国産の天然水(軟水)や、ピュアウォーターを選ぶようにします。


妊婦さんに適したお水

ミネラル成分は体にとって、とても大切な成分のひとつですが、過剰摂取する事で、大人でも、腎臓などの器官に大きな負担を与えかねない成分になっています。
その為、デリケートな体になっている妊婦さんにとって、ミネラル成分の摂りすぎには注意が必要です。それらの事を考慮すると、赤ちゃん同様、軟水の国産天然水がお勧めになってきます。
しかし、便秘などで困っている際は、硬水を飲む事で解消する事もあり、お勧めする事ができます。


ペットに適したお水

中には、大切な家族の一員でもあるペットにもウォーターサーバーの水を飲ませてあげる飼い主の人もいると思います。
しかし、その場合、水選びには注意が必要です。
動物の場合、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが多く含まれている硬水を飲ませた場合、尿結石の原因になる可能性があります。
その為、硬水を飲ませる事は控え、出来るだけ軟水の水を選んで飲ませてあげる必要があります。


デトックスに効果的な水

デトックスとは水などを飲む事で、体の外に不要な老廃物を排出する事を言いますが、もっと、効果的に行う為には、水の種類選びも重要になってきます。
そんな、デトックス効果が高い水の種類は、硬水。硬水は、カルシウムイオンやマグネシウムイオンを多量に含んでいる為、体の中の有害金属を取り除いてくれる効果があります。
その為、デトックス効果をより効果的に行う為には、ミネラル成分の多い硬水を選ぶ事をお勧めします。

ボトルの違いについて


ウォーターサーバーのボトルに関しては、各社様々な方式が取りいれられています。
ボトルの種類によって、メリット、デメリットがある為、設置の際には確認が必要になってきます。


ガロン式

ガロン式とは再利用するタイプのボトルで、比較的、丈夫なものになっています。
再利用する事ができると言う点から、環境に優しいボトルという事が言えます。
しかし、使用後、次回の配達日まで保管しておく必要があり、場所を取ることになりかねません。
また、ガロン式の場合「ボコボコ」と言う音が気になる人も多いようです。


ワンウェイ式

ワンウェイ式とは、使い捨てタイプのボトルで、使い終わった後は小さくたたんで処分する事が可能です。
リサイクルに出す事が可能ですが100%リサイクルと言うわけではない為、環境に良いボトルとは言う事は言えません。
しかし、使用後は、地域の資源ごみなどで出す事ができる為、不要になったボトルが場所を取る心配はありません。


その他

中には、ボトルではなくビニール袋のような容器に入れて使用するウォーターサーバーもあります。
この場合、ワンウェイ式と同様、使用後はゴミとして処分する事が可能です。

ウォーターサーバー業者選びのポイントについて


様々な業者のあるウォーターサーバー。
その為、設置する際には、水の種類やボトルなどの他にもチェックしておくポイントがあります。


ウォーターサーバーの大きさ

ウォーターサーバーには、ロングタイプ(床置き型)とショートタイプ(卓上型)があります。
場所を取りがちなウォーターサーバーの為、自宅にあった大きさのタイプのものを選ぶ事が大切になってきます。


機能

冷水機能、温水機能は、もちろんの事、節電機能や小さな子供の誤作動の為のチャイルドロック、メンテナンス機能などをチェックしておく必要があります。
特にメンテナンス機能においては、ウォーターサーバーの雑菌などが繁殖しないようにどのような機能が付いているのかなど気にする事が大切です。


デザイン

最近では、円柱型、四角柱型など様々な形のものをはじめとし、カラーバリエーションも豊富で、また、キャラクターとのコラボレーションを行っているウォーターサーバーまであります。
その為、設置場所に合わせたデザインやカラーのウォーターサーバーを選ぶ事が可能になっています。
また、ボトルの設置場所も、上部式のものと下部式のものがあり、特徴としては、下部式の方が重いボトルを持ち上げることなく設置する事ができ便利になっています。


電気料金

ウォーターサーバーを設置するうえで忘れてはいけないのが電気料金です。
基本的には、月の電気代は千円程度と言われていますが、省エネタイプのウォーターサーバーを選ぶ事で、もう少し節電する事が可能になってきます。


メンテナンス

ウォーターサーバーには、メンテナンスも欠かす事が出来ません。
その為、日常のメンテナンス方法や、定期的な業者のメンテナンスの有無。
また、その際の料金なども確認しておく必要があります。
中には、メンテナンスが一切不要のウォーターサーバーもあります。


サーバーレンタル料

ウォーターサーバー業者によっては、サーバーレンタル料が無料の業者から、月に数千円程度必要になってくる業者まで様々です。
これだけ聞くと、無料のサーバーの方がお得に聞こえますが、サーバーレンタル料を無料にしている業者の中には、毎月、最低○ボトル購入する事が必要になっている場合もあり、本当にそれだけの量を必要としている場合は良いのですが、それほどの量が必要ではない場合、無駄なボトルの量を購入しなければいけないという状況になります。
その為、サーバーレンタル料無料という事だけにとらわれることなく、それらの点においても注意が必要です。

ウォーターサーバーによくある疑問


ウォーターサーバーの大きさについて

実際、自宅にウォーターサーバーを設置したいと思いながらも、大きさが気になって悩んでいる人も多くいます。しかし、多くのウォーターサーバーの場合、必要になってくるスペースと言えば、A4サイズの用紙2枚程度。
意外と省スペースで設置する事が可能です。


ウォーターサーバーの料金について

ウォーターサーバーを設置するには、それなりのお金が必要で高いのではないかと思っている人も多いと思います。
正直、水道水を利用する事と比べれば、決して安い物ではありません。
とは言っても、例えば、子供が1人の3人家族として、家族3人で1日に1.5リットルの水を消費した場合、水代やレンタルサーバー料金、電気代などを入れても7000円でおつりが来る程度。
多く見ても1万円あれば十分に利用する事ができる料金になっています。


ウォーターサーバーを設置する場所について

ウォーターサーバーを設置する場合、コンセントが必要になってきます。その為、コンセントへコードが届く範囲で設置場所を決める必要があります。
また、直射日光が当たる場所は避ける必要があります。


ウォーターサーバーの電源について

ウォーターサーバーは使用しない時でも、常に電源を入れておく必要があります。
その為、24時間365日電源は入れた状態になります。


水の賞味期限について

業者によって、多少の違いがあるものの、基本的には未開封の状態で製造日より3~6ケ月、開封後は約2週間になっている事が多くなっています。
しかし、これは一般的な賞味期限で、業者に必ず確認する事が必要です。


ウォーターサーバーにはメンテナンスについて

メンテナンスにおいては、各業者によって違いがありますが、基本的には年に一度、メンテナンスを行ってくれる業者が多いようです。
その際の料金も様々で、また、中には一切メンテナンスの必要がないウォーターサーバーもあります。


ウォーターサーバーの設置工事について

ウォーターサーバー設置のための特別な工事は必要ありません。


ウォーターサーバーを常温で使用する事が可能かについて

冷却による静菌作用と加熱による殺菌作用の効果が生じる事が考えられるため、電源を切っての常温での使用は行う事が出来ません。


災害時の利用について

災害時で電気が利用できない場合でも、水自体を飲む事は可能です。
しかし、電源が入っていない為、不衛生な状態になる事が考えられるので、早めに飲み切る事が大切です。


故障した場合

業者によって異なる為、確認が必要です。また、中には無料保証期間を設けている業者もあります。

まとめ


いかがでしたか?ウォーターサーバーと言っても、サーバーの大きさや、水の種類、ボトルの種類など様々な種類があります。

利用する人によって、異なる水の種類。

また、水にも味があり、好みもある為、出来る事なら一度試飲などをしてから選ぶ事をお勧めします。

ウォーターサーバー業者によっては、無料お試しを行っている業者もある為、まずは、無料で味などを試してみる事も良い方法だと思います。

その上で、水の特徴意外にも、ウォーターサーバー自体の特徴、デザイン、設置費用などを考慮し、ウォーターサーバーを選ぶ事によって失敗することなく、美味しい水のある生活を送る事ができると思います。

また、中には途中解約を行うと解約手数料が必要になってくる業者もある為、契約の際には確認が必要です。



前の記事